夢で泣く理由は◯◯だから 夢の事例 vol.3

社会人なのに大学にいる夢を見た

明るい大学の校庭に、私はいました。

私は元彼を思って泣いていました。
もう会えない寂しさ、別れてしまった後悔がつのりました。
これからどうすればいいか、考えていたのです。

「彼を探さなくては…」
そう思うと、玄関に瞬間移動していました。

「あぁ、そうか。これは夢だから瞬間移動できるんだ。」
と、気づき
玄関に彼がいないことを確認すると、
次の瞬間教室に移動できました。

そしてまた、勉強に戻りました。

大学の夢の解釈

社会人なのに学生に戻る夢は、魂の計画に沿って勉強している時、勉強する必要がある時に見ることが多いです。

昔は高校生になっている夢が多かったのですが、
大学生の夢なので、少しづつ成長できているということだと思います。

元彼の夢の解釈

過去に感じていた気持ち、寂しさや懐かしさなどのイメージです。

校庭の夢の解釈

私にとって校庭は、人前に出て頑張るイメージです。
たくさんの人の前で運動会や集会などで大きな声を出したり、速く走らなくてはならなかったり。

頑張らなくてはいけないというプレッシャーを象徴しています。

泣く夢の解釈

吉夢。泣く夢はトラウマからの解放のシンボルです。
長年蓄積していた過去のイメージから解放された時に見ます。
心の浄化を表していますね。

寂しさや後悔、プレッシャーから解放される夢でした。

玄関の夢の解釈

何かが入ってくる。もしくは、社会的なイメージ。

この時は校舎側から玄関を見ていたので、自分の行動が変化していくことを伝えるメッセージのように思いました。

メモする夢の解釈

自己表現、大切なことのシンボル。

この夢を忘れたくなかったんだと思います。

夢は好きなようにコントロールできる

たかが夢。
変化してもしなくても、どっちでもいいと思っていませんか?

もったいない!

なぜ、夢をコントロールする必要があるのかというと、夢は現実になる一歩手前の世界だからです。

夢を自在にコントロールできることは、
現実をコントロールできることと同じです。

あなたは、現実をコントロールしたくありませんか?

多くの人が夢を実現させることができない理由は、これまで生きてきた過去の出来事に縛られてしまうからです。年齢を重ねれば重ねるほど過去は蓄積しますから、過去の経験にもとづいたセルフイメージは固定化されてしまいます。良いセルフイメージなら良いですが、悪いイメージのまま固定されてしまったらと思うと…、怖いですよね。

でも、大丈夫です。

私たちは夢を見れます。
夢の中では現実と違って、過去がありません。
社会人の私が大学生になっていたように、時間軸もめちゃくちゃです。

夢では誰もが、自由になれるんです。
可愛くて、スタイルが良くて、人気者で、両思いで…
など、理想の自分を思い描くことができます。

私はこの時、初めて自分で夢をコントロールできたのです。
これが、夢の第一歩。

理想の生き方も、眠る時に見るイメージも、
「夢」と同じ名前がつけられているのは偶然ではないと思います。

夢をコントロールして、夢を叶えましょう。

現実での変化

  • 自信がついて、現実で夢を叶えるために動けるようになった
  • 本当にプレッシャーから解放され、好きなように生きていけるようになった。
  • 周りの人たちが優しくなった、愛に気づけるようになった

まとめ

学生に戻る夢は、多くの方が見る夢の1つではないかと思います。
魂はこの世で勉強し成長するために何回も生まれ変わるので、生きてる間はずっと勉強が必要です。

過去に縛られない、自由な生き方を実現するために、ぜひ夢を活用してくださいね。