夢で引き寄せを指導してもらうことになった話 夢の事例 vol.2

2019年3月4日

こんにちは、夢の住人ムー子です!
今日も夢から学んだメッセージを紹介いたします。
良かったらお付き合いください♪

乗り物に乗って謎の先生が現れた夢を見た

私は何か乗り物に乗っていました。

合宿か何かに向かっているようで、先生が乗っていました。

私が先生に質問をすると、先生は
「そんな感じでいいと思いますよ〜」
と、答えました。

先生の背後の窓からは、美しく壮大な光が辺り一面を照らしていて
乗り物の中にも光が差し込んでいました。

私は先生の話よりも美しい光に意識を奪われていました。

先生はとても有名な方でしたが、逆光のため影になってしまっていて
ほとんど顔も見えない状態でした。

起きた瞬間、先生よりも光の印象が強く残りました。

乗り物に乗る夢の解釈

乗り物に乗る夢も、よく見るシンボルの1つです。
人生がどこに向かっているかを知ることができます。

この夢を見たあと、
「あの乗り物はなんだったんだろう?
バスのようにも感じたけど、本当にそうかな?
今、作り変えてるだけかな?」
と、少し迷いました。

直後はまだ半分眠ってるようなものだから、意識的に考えたことなのか、夢で見たことなのか迷ったんです。

結論から言うと、「どっちでもいい」です。

夢の世界は、現実になる一歩手前の世界です。

自分がそうと思えばそうなります。

なので、引き寄せができるようになりたい方は、まず夢の中で引き寄せられるようになるといいのではないかと思います。
夢だと分かれば、瞬間移動も、脚本変更も、自分の思いのままに出来ますよね。

この時はまだ夢を意識的にコントロールすることができなかったので、夢か現実かを特定しなくてはいけないと思っていましたが、夢をコントロールするようになった今ではどっちでもいいと分かります。

電車や駅の夢もよく見るシンボルです♪

夢の中で光を見たときの解釈

まず直感的に思ったことは
「美しい光は神様みたいなものかな」
ということでした。

美しい光に向けて、順調に人生が進んでいること。
また、これから夢の中で学ばせてもらえる合宿(この時は精神鍛錬のイメージでした)に向かってること。
先生ではなく、光から指導してもらえること。

そういう予告メッセージのように思い、これから始まる夢の物語にワクワクしました。
丁寧に予告を見せてもらえるなんて、面白いですよね。

迷った時、困った時には、光を見れば安心ですね。

先生が登場した夢の解釈

この夢からは偶像崇拝への警告メッセージも含んでいるように思いました。

誰かや何かを、光以上に崇めることはできない。
光を師として人生を歩むのがいいのだと思いました。

また、先生に自ら質問していることから、学ぶことに意欲的であることも分かります。

現実での変化

  • いつも光が照らしてくれてる安心感が生まれた
  • 胃やみぞおちの痛みを、自分で手をあててヒーリングできるようになった
  • インスピレーションが増えた

インスピレーションでは
「自分は光を通すパイプ役」
「無いと思い込んでいても、出そうとすれば出てくる」
と教えてもらいました。

自分にヒーリングの力があるとは思ってませんでしたが、私がヒーリングをするのではなく光が手をとおってヒーリングしているとイメージすることで、本当に痛みが消えていきました。

まとめ

今回は夢を見て人生を変える物語の予告編をお届けしましたが、いかがでしたか?

私は夢に出てきたシンボルが、自分にとってどういうシンボルなのかが大切だと思っています。集合意識を反映している場合もあると思うので、夢占いの情報を参考にするときもありますが、基本は自分なりの解釈を楽しんでいます。

あくまでも、夢は自分が幸せになるために役立てるもの♪
正しいか、間違っているかは、重要ではありません。