体力のない主婦が子育てと仕事の両立をしようと思ったら

私は自慢じゃないですが、体力がありません。
子供を1人産むのも大変で、自宅で仕事してただけなのに、切迫早産になりました。
2ヶ月以上入院する羽目になって、寝たきりの妊娠生活でした。

初めての子育て。
家庭の事情で、親の助けは見込めない。
夫婦の力のみで子育てと仕事を両立する。

「難しいだろうなぁ」
と、思ってました。
そこで、自営でやってた仕事はやめて、しばらく専業主婦をしていました。

仕事復帰したのは、子供が2歳になった年。
子持ちで、自営ではリスクありすぎる。
新しい仕事のやり方を勉強したいと思いました。

そこで、転職サイトに登録したところ、ベンチャー企業からスカウトメールが届きました。
webデザイナーを募集しているとのことでした。

「うわぁ、ベンチャーか〜、激務だろうなぁ」

が第一印象。

ベンチャーでデザイナーで、夜も寝ずに仕事。。。
しかも、子供はまだ夜泣きで起きることもある。

「無理。」

そう思って一旦はスルーしたんですよ。

いくつかの会社と面接させてもらって、話しているうちに、気が付いたことがあります。

「なんか私、社長とめっちゃ気が合うな〜」

どの会社に行っても、社長の話を聞くのはとても楽しく勉強になることばかりでした。

結婚前に、経営者直属で働いていた経験がとても役に立ち、社長の面接がいちばん楽しかったのです。
自営の経験から、社長がどんなことを求めているのかも分かりました。
 

36歳、ブランクあり、子持ち。
でも、落とされることは全然ありませんでした。

そこで、以前スルーしたベンチャー企業で、仕事の提案をしてみることにしたんです。

自分の仕事を作れば、自分の裁量で働けて、子育てを犠牲にしない働き方ができるかもしれない。
そう思ってチャレンジすることにしました。

案の定、社長はとても面白がってくれて、正社員として採用されました。

 

他人の会社で、自分の仕事を作って、働くこともできる。

主婦は、誰しもが実家の協力を得られるわけじゃない。
子育ても仕事のやりがいも両方を大切にしたいと思った時に、自分を活かす方法を知ってるのは自分だけ。

だったら、自分で仕事を提案することもありだと思いました。

体力がない主婦ならなおのこと。

 

ブランクありの子持ち主婦でも正社員になれる。

経営者の立場からすると、人は雇いたいんですよ。
なるべく優秀な人を。
で、主婦って家庭の都合で、優秀な人が埋もれてる可能性が高いんです。
だから、子育て中の主婦だとしても自分を安売りする必要は全くないと思います。

むしろ、男性の中途採用者より、よっぽど有望な人の可能性が高いと期待されていると思います。

パートでも、正社員と対して変わらない仕事量、残業続きの会社もあります。
正社員を希望するなら、妥協する必要は全くありません。
 
▼私がお世話になったエージェントです。