主婦が出版社からオファーされて作家デビュー

こんな人だから本が出せた?

小学生のころから、
「将来は作家になりたい」
と、思うようになりました。

絵を描くことも好きだったので、
「文章でも絵でもいいから、本にできたら最高だなぁ」
と、思っていました。

私の母はいわゆる教育ママで、習い事をとにかくたくさんしていたので、私は絵を習いたいと思いました。

「お母さん、私、絵を習いたい」

バッチーーーーン!

まさかの平手打ちでした・笑

ピアノを習うことはよくて、絵を習うことはダメ。
その意味が分からないけど、母が理不尽に怒るのはいつものことだったので、
とにかく気に入らないのだと分かりました。

いつも、言いたいことが言えなかったのです。
迷惑をかけないように、自室で1人勉強していました。

親に素直な気持ちを打ち明けられなかった私にとって、
書くことは、自分の思いを遠慮せずに打ち明けられる親友のようなものでした。

書くことで癒され
書くことで自由になり
書くことで平和になりました。

 

ブログで漫画を連載した日々

当時の会社の副社長は、よく雑誌や漫画を買う方でした。
面白い漫画や雑誌があると、社員にも貸してくれました。

その中に、
「これなら、私も書けんじゃない?」
と思った漫画がありました。

当時は、コミックエッセイが流行しだした初期。

夫が心理カウンセラーになったので、集客の助けになればいいと思って
漫画を書き始めました。

最初は難色を示していた夫でしたが、
夫も私に活躍の場ができたらいいと思ってくれてたそうです。

毎週、毎週、コツコツ書いては掲載し、夫を通して反応を聞いていました。

そんな連載も、100本に届きそうだという頃。

働きながらブログを書いていた私は、ある日友人から編集者を紹介されました。

「ブログをベースに、本を出版しないか。」
というオファーでした。

 

夢叶う瞬間に思うこと

小さい頃からの念願の夢だったことを目の前の人が話している。

編集者の話を聞いていても、どこか上の空。

現実味がなく、ふわふわと雲の中にいるような感覚でした。

大好きな人と結婚し、
小さい頃からの夢が叶うチャンスが目の前にある。

働くことが大変なこともあったけど、でも好きなことに嘘をつかないで生きてきた。
自分に正直に生きてきたご褒美のように思いました。

ただただ幸せで
ただただ戦略もなく
ただただ無知でした。

そんな私の本を初版ですごい数を刷っていただいて、出版社さんにはただただ感謝です。

 

本を出版するのは、才能ある一部の人だけのもの・・・

ではない、ということです。

 

作家になりたいなら、なってください!

戦略を持ってノウハウを学べば、誰でも出版できます。

自費出版だと、100万〜200万とかっていう金額がかかりますが、オファーされれば無料で出版してもらえます。

ギャラも、もらえます。連載していれば、原稿料もいただけます。

そして、自分の価値を高める(自己ブランディング)ことができます。

 

自分の価値を高めれば、自分を必要としてくれる人や会社が増えます。

すると、子育てをしながらも、有利に仕事を選べるようになります。

 

当時、無知だった私が出版した本は、すぐに廃盤になってしまいました。
しかし、私は本を出版しなければ見えなかった世界が見えるようになりました。

それが、ビジネスです。
戦略の世界です。

当時は、好きなこと、楽しいこと、喜んでもらうこと、
それらにばかり夢中になっていた私でしたが、

編集者さんが、ある時に打ち合わせで言いました。
「マーケティングが全てですよ〜」

「マーケティング?」
(なんか聞いたことがあるけど、よく分からない…)
私は、ぽかーんと聞きつつも、その言葉が頭に残りました。

子供を産んで、再就職した大きな理由は、

「マーケティングを学びたい、売るための仕組みを知りたい」

というものでした。

 
本が私に、戦略を知る機会を授けてくれたのです。

数年後、私はいくつかの会社で戦略を実行する歯車となりました。

社員レベルでは経営者の裏の戦略が分からなかったので、経営者が読む本やセミナーで勉強しました。

 

たとえ、素晴らしいアイデアがあっても、
面白いネタを持っていても、
人々に役立つことをしようとしても、

人に広げる術を知らないままでは、多くの人に届けることができません。

 

このブログに書いている内容は、私の子供に伝えたい内容です。

少しでも将来、子供が幸せに暮らせるように、
子供が自らの理想の世界を実現できるように
実現するための方法を教えてあげたいと思って書いています。

 
私も小さな頃からの夢が叶ったように
(実際は本じゃなくて、ブログでもメルマガでもかければ何でもいいですが)
子供にも夢は叶うと教えたいです。

戦略は、理想の世界を実現するための手段です。

大切なことを大切にするために、戦略が大切なんです。

そして、戦略は不毛な争いをせず、平和に温かい心を持って働くための手段でもあります。

働くことに疲れて、いつもイライラしているママから卒業したかった。

 
子供を愛し、子供を守りたい主婦は、弱みを持って働いているようなものなんです。
弱者が強者に勝つためには、戦略は欠かせません。

主婦は戦略を持って、働く必要があるのです。

いや、生きるのには、戦略が必要なんです。

 

メルマガを配信する予定です。
公にしづらいプライベートな部分を、メルマガで話せたらいいなと思っています。
ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ。

ご登録は こちら から。

お待ちしています。